小泉首相も噂について言及したという「首相公邸の幽霊のウワサ」。閣議決定で「承知していない」とする答弁が行われたそう。

なんと公邸は、かつてのあの「二・二六事件」と「怪談化け猫騒動」の舞台だった!!二つの事件のダイジェスト版も紹介。

こんにちは。センター長のイシカワです!

ちょっと面白いニュースを入荷したので情報としてお届け。
昨日24日、かねてから「幽霊が出る」というウワサが立っていた首相公邸について、「そんなもの無いよ」という閣議決定がされました。

うん。この段階でツッコミ所が既にありますけどね。。
なにを議会で話し合っているんだよ・・・。もっと大事な事を議論してくれ・・・。

なんで閣議でこういった話が出たかというと、民主党議員が・・・

なぜ就任から5ヶ月経つのに安倍首相は公邸に住まないのか?

という質問をしたそうで、それに付随する質問事項として「幽霊がいるのか?」という質問がされた模様。

管官房長官は「そういう噂があるのは事実だけども」とした上で、答弁には上記の回答がなされたそうです。

いや・・・、どうでもいいがな、そんなん。(苦笑)
お前ら他に議論しなきゃ行けない事が山ほどあるだろうが。。。

しかしこの話。調べてみると非常に面白い話に繋がりました!

首相公邸。元はかの青年将校によるクーデター事件二・二六事件」の舞台の地で、今でも当時の弾痕と思われる物が残っているらしい。

二・二六事件とは、1936年2月26日~29日に陸軍皇道派(天皇親政下での国家改造、「昭和維新」を掲げる一派。言うなれば絶対王政のような物のシンパと言える。)が1500人程の兵を率いて起こしたクーデター。
今の政界は腐敗していると唱え、要人を殺害し浄化→天皇親政に帰する事を目的とした。事件の規模からも日本史上屈指の大事件である。

更には怪談化け猫騒動」の舞台、佐賀鍋島藩の江戸屋敷があった所でもあり、文字通りバリッバリに「曰く付き(いわくつき)」の土地であったとの事。

肥前国は佐賀藩、2代藩主・鍋島光茂の時代のお話。光茂の臣下・龍造寺又七郎が光茂の機嫌を損ね斬殺され、又七郎の母上も追って飼っていた猫に悲しみの胸中を語って自殺。
その血を舐めた猫が「化け猫」となって、毎晩光茂を苦しめるも、光茂の家来、小森半佐衛門が猫を退治。鍋島家を救うというお話。史実では無いがモチーフになるエピソードはあるとされているそう。

2つともなかなかにインパクトのある話でしょう?「二・二六事件」は紛れもない史実ですし。

そんな首相公邸。
霊能者が霊視した所「ものっすごい数の霊がいる」という話もあるそうです。

いやー・・・。
あ、しかし。この手の幽霊絡みの話は、海外の政界でもたまに議会に上がる事があるので、「シビリアンコントロール(文民統制)」の類とも言えます。噂の種火を消して混乱を収める、的な。

ちょっと面白い話がお届けできたのではなかったでしょうか?
今後もこういう記事も上げて行こうかと思いますのでお楽しみに!

【関連記事】 PCでも「予測変換」を使いませんか!?
「グーグル日本語入力」の予測変換で入力をラクに
 







トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック


>怪談※「化け猫騒動」

佐賀で聞いた怪談「化け猫騒動」の話では、

光茂の臣下・龍造寺又七郎が光茂と囲碁の対局中に突然発狂して掘だったか井戸だったか忘れましたが、そこに落ちて死に、息子を光茂に惨殺されたと勘違いした又七郎の母上も追って飼っていた猫に悲しみの胸中を語って自殺。
その血を舐めた猫が「化け猫」となって、毎晩光茂を狂わせるも、光茂の家来、千布本衛門が猫を退治ようと格闘中に、その騒ぎで我に返った光茂が、化け猫を諭して改心させ、以後、その化け猫は鍋島家を守るようになった。

というお話です。
だから幕末に佐賀鍋島藩があれだけの軍備を持っていても幕府に目を付けられなかったのかもしれませんね。
ところで化け猫に狂わされた鍋島光茂はもしかしたら
http://livedoor.blogimg.jp/sdtnk55-2ch/imgs/3/3/338e0141.jpg
のようになっていたのかも?


にゃんにゃんさん

コメントありがとうございます!
地域によってエピソードにも若干の違いがあるのかもしれませんね。
佐賀では化け猫が改心して守り神になってしまうのか。。

狂ってる程の溺愛っぷりが伝わってくる写真ですが、
猫の方は全身全霊で嫌がってる(笑)

Comment feed

コメントする

About us

ロゴ

当センター長、ヘルスアドバイザーのイシカワです。

中学生の頃から頑固な肩こりに悩まされ続ける事20年余り。あらゆる事(湿布・ツボマッサージ・整体・カイロ・ハリ・灸・運動etc)を試した結果、ついに撃退パターンを手にしました!

そのノウハウを皆さんにお伝えしていきます。様々な健康情報もお届け。

LINK

リンク集

↑にて相互リンクも募集。メールフォームよりご連絡下さい。

マッチングPR