定期的に開催されるであろう、職場での飲み会。環境によっては「楽しみなイベント」にも「苦痛なイベント」にもなると思います。

私も両方を経験しています。会社仲間との飲みが楽しい人は良いとして、苦痛な人には上手い「いなし方」もご伝授。

こんにちは。センター長のイシカワです!

昨日は職場のメンバーで新人さんの歓迎会をやりました。和やかかで楽しい場でした。しかし、会社の飲み会は高い割合において参加するのが億劫で駆け引きが面倒くさく、苦痛に感じるケースも多々あると思います。みなさんはいかがでしょう?

歓送迎会や、特に名目も無いただの飲み会、社内イベント。会社(職場)の飲み会は定期的にある事と思います。

私の今の職場環境は、少人数でチームワークも良く人間関係も割りと良好なので、飲み会はどっちかというと親睦を深める機会として大事で楽しい物となっています。これは非常に幸運な事ですね。

ただ、むしろ「会社飲みが嫌だー」という人の方が世の中多いのではないでしょうか?私もかつての大多数の環境で、職場の飲み会は嫌いでした。

普段から仲が好い人達と行くのはそりゃ楽しいですが、あまりリスペクトできない上司がいたり、気を遣う他部署の人間がいたり、そんなに仲良くない同僚が一同に介したりする場は、(行くの嫌だなあ)とただただ感じるばかりです。

そうは言っても、半ば反強制参加となる物です。あまり飲み会に参加しないと、

「アイツは付き合い悪い」
「いつも来ない」

という印象を周囲に持たれ、コミュニケーションにおいて不利になります。空気の読める一般的な大人は、それを承知しているからあまり参加したくもない飲み会に参加する訳ですが。。

一切参加しなかったり、行っても殆ど喋らなかったり、ノンアルコールしか飲まない、などという「空気の読めない人間」は必ず数人いる物ですけども。

さて。
気が乗らない場での上手な「いなし方」と書きましたが、ここで早速1点。

上記の「ノンアルコールしか飲まない人」。これは周囲を白けさせます。体質的な物で1滴も飲めない人なんて、本当にいるのでしょうか?(本当に極少数は医学的に飲酒できない人もいるでしょうが)

酒に弱い人、すぐ体調を崩してしまう人もいるでしょう。しかし、せめて乾杯の1杯ぐらいはグラスを空けられなくともアルコールを頼み、少々は口にするべきです。別に1杯空けなくとも良いのですから。そして「飲めないんでー」としばらくしたらソフトドリンクでも頼めば良いのです。

「アイツはいきなりウーロン茶頼んだ」
「一切酒飲まない。空気読めねえヤツだなあ。」

という陰口の要因を自分から作る必要はありません。乾杯だけでも付き合えば、無駄に評価を落とす事もないでしょう。

それから、もうだいぶ文化として無くなってきましたが、「お酌とグラス空け」。目上の人のグラスに注ぐ、酒を勧められたらグラスを空けてから注いで貰う。

前者はそれこそ空気を読んで適度に立ち回るしかないでしょう。今までの人生経験を総動員して下さい。そして後者は酒に弱い人にとっては地獄の文化です・・・。

私自身も決して酒に強いわけではないので、どういなしていたかと言うと、「グラスを煽って減らしたフリ」。減らしたポーズだけ見せて注がせる、と。

グラスを空けるなんてムリ(苦笑)ですが、その努力とポーズだけ見せれば、相手も不快ではないでしょう。まー、ステレオタイプの人間には(勧めたのにグラスを空けなかった!)と取られる事もあるかもしれませんが、10年前の時代よりは今は寛容でしょう。

そして、もう一つ大きな駆け引きが発生するのが「二次会どうする?」への対処。微妙です。盛り上がって突入できる時は何の問題もありませんが、(行くのヤだなあ)という時もあるかと。

結論から言うと、「毎回では無くともたまには参加しましょう」です。言うまでもなく理想はお付き合いする事ですけどね。

一次会で消える時は「消える人間で固まっておく」のがコツです。単体だと断りづらいですからね。結託してうま~く帰ってしまいましょう。

二次会には絶対に来ない、という印象を作られても厄介です。せっかくあまり気のすすまない飲み会に参加したのなら、これでは徒労です。嫌々でも何回かは顔を出しておけば波風は立たないでしょう。

しかし問題もあって、「二次会がカラオケだった時」や、「オネーチャンが居る店」になりそうな場合。いずれも、どうにも苦手な人もいるかと思います。

カラオケなら、行っても絶対に歌わない、というぐらいなら行かない方がベターかも知れません。歌えよー、と言われても絶対に歌わない人ほど場を白けさせる人はいませんから。。

スナック・パプ・クラブ・キャバクラの類がムリ、という人は・・・。苦行だと思って毎度でなくともたまにお付き合いするしか無いですね。。私も苦手でした。

ネーチャンのいる店は、行った一緒の人間と喋るよりも、店の人とお喋りする事で間を持たす事ができます。世間話でもしてるしかないでしょう。大体そういう店になった場合は上長が出してくれるか、大部分を払ってくれるものです。場に合わせて上手く立ち振舞いましょう。

こういう駆け引き、大変ですね・・・。集団で仕事をする、という事にはこういうコミュニケーション能力も含まれています。言わば必須スキル。色々な事を経験し、身に付けていくしかありません。

一番良いのは楽しく参加できる環境に身を置く事ですが、なかなかに人生そう甘くないもんです。お金を稼ぐ、というのは本当に大変だ。。。

【関連記事】 私も皆も戦ってるんです。
ストレスの話
 







トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

About us

ロゴ

当センター長、ヘルスアドバイザーのイシカワです。

中学生の頃から頑固な肩こりに悩まされ続ける事20年余り。あらゆる事(湿布・ツボマッサージ・整体・カイロ・ハリ・灸・運動etc)を試した結果、ついに撃退パターンを手にしました!

そのノウハウを皆さんにお伝えしていきます。様々な健康情報もお届け。

LINK

リンク集

↑にて相互リンクも募集。メールフォームよりご連絡下さい。

マッチングPR