飲食や買い物をしていると、従業員の接客対応に触れます。味や品の印象に加え、「また行くかどうか?」を大きく左右する点ですね。ごく一般的な成人男性である私が求める「理想の接客態度」についてです。キーワードは「お冷」。

こんにちは。センター長のイシカワです!

先日ツレの誕生日だったので、ちょっとしたグレードの高い店で食事してきました。そこそこの有名店でお客さんの評価も高い、というお店だったのですが、さすがに店員さんの質も高く心地良いサービス美味しいディナーを堪能できました。

特に「接客態度」が素晴らしかったのでこうして記事にしている訳ですが、これもお店の印象を決める重要な点ですね。

私個人が一番心地良いというか、理想的とする接客態度とは・・・

丁寧過ぎず、フランク過ぎず、スマート過ぎず

というような感じです。
これではイメージが伝えられないと思うので、こういった表現にしてみましょう。「言葉遣い」で雰囲気を伝えます。

・「こんばんは。◯◯様でございますね。駅から遠い中わざわざお越し頂いてありがとうございます。本日はどうぞごゆっくりお楽しみ下さいませ。」

・「こんばんはー。お席はあちらにご用意しております。どうぞこちらへ。」

・「いらっしゃいませ!お履物はこちらにお願いシマスー。」

3様のパターンですが、つまり2つ目の例ぐらいのバランスを好む訳です。

1つ目はまあこういうのもセレブ気取りになれて悪くは無いのですが、バカ丁寧過ぎても、何かかえって客も肩肘張ってしまうようで、一長一短です。オーダーの際とかもイチイチ超丁寧だと、何かむしろウザく感じる事すらあります。

3つ目は、まあ言わば一般的な居酒屋チェーン店の対応ですが、「お履物はそのままでどうぞー」と言われる場合とどちらが良いか、言うまでも無いですよね。いや、別に元々安価の居酒屋に何も求めやしないですが(^^;)。客へのホスピタリティを図る一例として。

そして注文時のやり取りやテーブルサービスの態度も当然重要ですが、私がその店のサービスの尺度を図るのにポイントとするのは、お冷のケアです。

少し良いホテルやレストラン、カフェでは、常にテーブルに気を配っており、お冷のグラスが空いてくると「サッ」と呼ばずとも注ぎに来る事が多いです。私が「客席の状況をどれだけ見ているか」の指針としている点ですね。

(おおー、気配り出来ているなー)

と思う訳です。そういった所は大抵感じの良い接客が出来ている物です。逆に不快だと感じる事は・・・

・オーダー取る時以外はテーブル「ド放置」

・何か店員に頼んだ時「はい?」というようなリアクション(←特に普通の事をお願いした時にこれをやられると本当に不快)

・テーブル上を整理したり下げる時に無表情(良い店では絶対やらん)

・何度も何度も確認を繰り返す(アンタら瞬間に覚えるのが仕事では…?)

というような事。
あんまり度が過ぎると、「こんな店もう絶対来ん。」となります。

それと月並みですがもう1点。
雰囲気の良い店の従業員さん達は笑顔が素敵ですよね。客に対するサービス精神や、仕事へのプライドなどが全部ミックスされてそういう表情になるのでしょう。

これも当然大事な点、です。やっぱ。

【関連記事】
スタバ店員の「M」の小技に吹いた
 







トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

About us

ロゴ

当センター長、ヘルスアドバイザーのイシカワです。

中学生の頃から頑固な肩こりに悩まされ続ける事20年余り。あらゆる事(湿布・ツボマッサージ・整体・カイロ・ハリ・灸・運動etc)を試した結果、ついに撃退パターンを手にしました!

そのノウハウを皆さんにお伝えしていきます。様々な健康情報もお届け。

LINK

リンク集

↑にて相互リンクも募集。メールフォームよりご連絡下さい。

マッチングPR