水泳は全身運動の中でも特に運動量が高く、水圧や水の抵抗によって血液の循環を活性化させます。全身の乳酸を流す「積極的休養」にもなり、更にはストレス解消効果までもあるのです!

こんにちは。センター長のイシカワです!

ようやく私も昨日からお盆休みに入り、今日は近くの市営プールへ泳ぎに行ってきました。

ここの所疲労や夏バテ気味で全身が重く、「積極的休養(※軽い運動をする事で血中乳酸量を回復する事。ただ横になるだけの消極的休養より乳酸除去力は高い。)」をするのが狙いです。

また、水中時に全身に掛かる「水圧」と「水の抵抗」は血流を刺激し、血の巡り・リンパの巡りを良くします。そして全身を隈なく使う為、停滞している乳酸を一気に流す効果もあります。

行った所は屋内の温水プール施設。市営なので料金も格安です。私は今はジム通いをしていないので、単発で行くにはこういう施設は大変有難い。

8コースぐらい×25mだけの狭くて短いプールでしたが、お盆中にも関わらず人も少なくガラッガラ。狙い通りです。

水中ウォーキングを混ぜながら、1時間半程泳いできました。前回泳いだのはもう4年前ぐらいの海が最後だったかなあ。プールなんては相当久々。

しかし泳ぎは得意な方なので、クロールや平泳ぎを中心にゆったりと泳ぎ、たまに「ただ浮く」などしながらプールを堪能しました。

利用者は水泳を子供に教えようとする家族が少数と、多くの方はエクササイズとして延々と泳ぎ続けている人でしたね。ずーっとクロールで往復を繰り返している人もいて

(凄いスタミナだな・・・)

と若干驚きました。
きっと泳ぎ慣れている方は、日に数キロぐらいは何の事もないんでしょうね。

泳ぐ」という行為自体にもストレス解消効果があります。人間のDNAは、太古の昔まで昔まで遡ると水中のプランクトンに行き着きますからね。また生まれる前の胎児の頃、羊水の中で漂っていた感覚を得れるから心が落ち着く、という説もあります。

多少泳げる人にとっては、何か気持ち良いですもんね、泳ぐという行為は。苦手な方には苦痛でしかないでしょが・・・。

屋内温水プールならオールシーズン行けるので、またフラっと行ってみようか、と思いました。心地良い疲労も得れますので、夜グッスリ寝れる事も間違いないですよ!

【関連記事】 私も皆も戦ってるんです。
ストレスの話
 







トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

About us

ロゴ

当センター長、ヘルスアドバイザーのイシカワです。

中学生の頃から頑固な肩こりに悩まされ続ける事20年余り。あらゆる事(湿布・ツボマッサージ・整体・カイロ・ハリ・灸・運動etc)を試した結果、ついに撃退パターンを手にしました!

そのノウハウを皆さんにお伝えしていきます。様々な健康情報もお届け。

LINK

リンク集

↑にて相互リンクも募集。メールフォームよりご連絡下さい。

マッチングPR