大企業発の特大スキャンダル問題となった「三菱自動車の軽自動車燃費データ不正問題」。

昨年大騒ぎになった「フォルックスワーゲンの排ガス不正問題」を若干対岸の火事として見ていた日本人にとって、思いもよらない大騒動になっています。

そして、企業が与える余波は株取引にも特大の影響を与える事になったのです。

端的に言うと、下がると思われた株がまさかの日産の救済によって下がらず反転上昇し、投資家達が阿鼻叫喚の地獄絵図の様相となっているのです。

「反転して上がっているなら投資家は損はしていないんじゃないの?」とお思いの方へ、何故一部投資家達が悲鳴を上げているかも簡単に説明しましょう。

株取引は買って上がるのを待つ、という投資法だけでなく、「空売り」という取引方法があるのです。

これは、「売りから入って下がったら買い戻し、差額を利益とする」という信用取引方法で、分かりやすい例を記すと、

1,000円の株銘柄を下がると見て1000株「売り」から入る。(つまり1000株の保有権利を100万円分で取得した)

予想通り下がって500円になった!(500円×1000株=50万円分の価値になっている)

1000株分の権利は50万で買い戻せる

やったー!50万の利益!!

というのが「空売り」の仕組みなのです。
イメージ頂けたでしょうか?下がっても儲かるのが株なのです。

もう薄々分かると思いますが、多くの人がこのまま破滅に向かうと思われた三菱自動車株が、予想外の日産の救済によって一転上昇。

空売りを仕掛けていた人達がどうなるか・・・。言わずとも分かりますよね。

まさに地獄絵図・・・。ストレス半端ないと心中お察しします。。

どうもこのまま三菱自動車は日産傘下になってしまいそうな情勢ですね。一体どうなる事やら・・・。

【ネットで凝った肩に】
肩こりに効くツボ 厳選3つ!







トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

About us

ロゴ

当センター長、ヘルスアドバイザーのイシカワです。

中学生の頃から頑固な肩こりに悩まされ続ける事20年余り。あらゆる事(湿布・ツボマッサージ・整体・カイロ・ハリ・灸・運動etc)を試した結果、ついに撃退パターンを手にしました!

そのノウハウを皆さんにお伝えしていきます。様々な健康情報もお届け。

LINK

リンク集

↑にて相互リンクも募集。メールフォームよりご連絡下さい。

マッチングPR