» 風呂の温度の話

高温にするか、低温にするかで効能が違うそうですよ。つらい肩こりや腰痛の解消にはどちらが効くのでしょうか?

こんにちは!センター長のイシカワです!

今日は「風呂の温度」について。
温めのお湯に長時間浸かっての「半身浴」が長い間ブームとなっていますが、高温入浴にもメリットはあります。風呂の温度についてまとめてみました。用途別に使い分けると良いみたいですね。
 

【高温入浴】42℃程度
・入浴時間は3~5分程度とかなり短めにするのが適正
神経高揚、心拍・血圧上昇、筋肉萎縮による筋肉疲労の除去
→ 交感神経に作用し覚醒効果があるので、精神疲労などにも効果あり。逆に不眠にはあまり向いていない また、肌のダメージは高目なので、熱い湯で顔をゴシゴシ、とはしない方が良い。

【低温入浴】38℃程度
・15分~の長時間入浴にすると効果が高い
リラックス効果、ダイエット効果、疲労回復、新陳代謝向上
 疲労回復、不眠解消
→ 副交感神経に作用する為、精神安定にも効果がある
 

そして肩こりや腰痛などにはどちらが効くかというと、様々な情報や自身の実体験を交えた結論としては・・・

高温入浴

と当センターの情報ではお伝えします!
ワタシは昔から長っ風呂が好きなのですが、肩こり・腰痛にはどっちが良いか!?で行くと、これはどうも高温の方が良いようです。

半身浴気味の温めの長風呂も体には良いでしょうが、痛みが出ている程の状態の肩こり・腰痛には「筋肉萎縮による筋肉疲労の除去」、コレの効果が思いのほか高い様子。

ゆったりとした半身浴で揉みほぐしながら・・・の方が効きそうではありますけどね。ワタシ個人の感想としては、どうも高温入浴の方が回復を実感できる、と感じます。
皆さんもどうぞ両方お試しあれ。

熱めの風呂もたまには良いもんですよ。(^^)

【サイトTOPへ】 肩こり、気になってませんか?
肩こり解消情報センター「秘伝・3本の矢」

肩こり解消日記
 





About us

ロゴ

当センター長、ヘルスアドバイザーのイシカワです。

中学生の頃から頑固な肩こりに悩まされ続ける事20年余り。あらゆる事(湿布・ツボマッサージ・整体・カイロ・ハリ・灸・運動etc)を試した結果、ついに撃退パターンを手にしました!

そのノウハウを皆さんにお伝えしていきます。様々な健康情報もお届け。

LINK

リンク集

↑にて相互リンクも募集。メールフォームよりご連絡下さい。

マッチングPR