» 肩こり解消日記

フィギュアの羽生結弦選手、見事連覇達成の金メダルでしたね!

下馬評でも十分金を狙えるとはありましたが、ケガ明けの大舞台で見事な結果に。素晴らしい!

そして同日、年少天才棋士の藤井君も、第11回朝日杯「将棋オープン戦(朝日新聞社主催)」の本戦準決勝で羽生さんを倒すという大金星を挙げました。

色々なジャンルで一定周期で出て来て、世間・メディアを騒がせる、いわゆる天才の上の「超天才」。

10年に1度、100年に1度、などの冠が付く事が多いですが、何だかんだ数年に一度は今までの常識を破るような天才が様々なジャンルから断続的に出るような・・・?

一般に「天才」と評される人間を、記憶だけを頼りに挙げてみようかと思い立ちました。

私は1970年代終盤で生まれたアラフォーですので、その辺りの年代の人の幼少から強く記憶に残っている天才達を思い浮かべてみる。

マイケル・ジョーダン

小さい頃は誰が居たっけな?と考えた時に、真っ先に出てきたバスケ界の神様。全盛期は1990年代でしょうか。

アイバーソンやナッシュ、レブロン・ジェームズなど「ポスト天才」は何人か出て来ましたが、バスケ界で未だ彼を超える存在は居ないようです。

マラドーナ

サッカーの神様と言えばペレですが、近代サッカーの神様はマラドーナでしょう。伝説の5人抜きの映像は見た事ある人が多い筈。

小柄ながら驚異的なそのプレーの数々は、ペレと並んで神様と評されます。現代サッカーのトップエースは常に彼と比べられ、超えた・超えてないの熱い議論となります。

メッシとクリロナは個人的にはもうマラドーナと並んでると思いますがね。マラドーナ、晩年以降超素行不良でしたが。。

アイルトン・セナ

同じ時期に活躍したF1界の天才。残念ながらレース中の事故で亡くなりました。日本で一時期的に来たF1・カートブームも彼の活躍による所が大きいでしょう。

とんねるずの生ダラでカート企画のゲストで出てきたのも印象的。若くして亡くなるのは神格化される大きな要因でしょうけどね・・・。しかし実績からもドライバーとして正に天才だったのでしょう。

マイク・タイソン

ボクシングヘビー級の風雲児。ヘビー級としては小柄ながら、超人的スピードとパワーで「パウンド・フォー・パウンド(世代・階級を超越しても最強、の意」として揺るぎない地位を築いたボクサー。

全盛期の試合はテレビで生でみたりしたが、衰える前のタイソンはもはや人間では無かったですね。ユーチューブで今見ても、そのパンチの破壊力とスピードは常識を超えた物です。色々素行不良で問題起こしてますが。

武豊

クローズアップされていたのは上記3人の少し後でしょうか。若年層も巻き込んでの競馬ブームを引き起こした立役者。あらゆるジョッキーのレコードを塗り替えた最高の騎手とされています。

競馬育成ゲームのダビスタのヒットや、みどりのマキバオーが少年ジャンプに掲載されるなど、若年層にも大きな影響がありました。18才歳未満の馬券購入はアウトですがね。。

イチロー

言わずと知れた野球界の生けるレジェンド。90年代途中辺りから登場し大ブレーク。

海を渡りメジャー1年目で首位打者とMVPを獲り、その後アンタッチャブル・レコード(今後絶対に破る事ができないだろうとされている記録を指す)であった年間安打数記録を塗り替えてしまった天才バッター。

王・長嶋に比肩する存在としてその名は残り続けるでしょう。

中田・小野・中村俊輔

3人纏めるな、という話ですが(苦笑)Jリーグ誕生からワールドカップ初出場、その後のサッカーブームの立役者で、ヨーロッパサッカーシーンでの日本人選手活躍の扉を開いたフロンティアでもあります。3人とも大好きでした。

セリエAのペルージャで奮闘する中田を追って、ブログを良くみてました。ある意味今のSNS主体のネット社会の礎を築いた人間でもあります。世はその後空前のブログブームを経て、SNS主流になっていきます。

晩節は汚しましたが、中田の全盛期は本当に凄かった。そして明らかにプレーに違いを見せる小野、調子が良い時は手につけられない俊輔。みんなトップフォームの時は凄かった。

今は香川・本田が彼らの系譜で頑張ってます。実績的には中田と香川はドッコイドッコイレベルまで来たと思いますがね。マンUで試合に出て十分通用していた時点で、十分香川も凄い。あら、5人纏めて挙げた形になったな(苦笑)

北島康介・イアン・ソープ

世界のトップに君臨した水泳界のレジェンド二人。こちらも二人同時に挙げるな、という所ですが。。出たらほぼ勝つだろう、という絶対的な強さは誰もが認める所でした。泳げば全部世界記録、のイアン・ソープは凄まじかった。

一般的認知度は二人に劣りますが、マイケル・フェルプスという化物がその後もう一人出てきました。その人も泳げは全て世界記録の勢い。水泳界には断続的に天才スイマーが出てきますね。

羽生善治

将棋界の超天才。勝率や獲ったタイトルなどで図抜けた強さを見せました。今はだいぶ衰えてしまったという事で、藤井くんに負けちゃいましたが。日本人の天才、といえば彼をイメージする人も多いでしょう。

ウサイン・ボルト

9.58という少し前からしたら嘘みたいなタイムを叩きだした化物。カール・ルイスも十分化物だったと思いますが、彼の前ではさすがに霞んでしまいます。

100m200mともに、いつかは破られるのかもしれないが、もしかしたら永劫破られる事がない記録かもしれない人類最速の男です。リアルタイムで彼のレースを見れたのは本当に幸福な事なのでしょう。

そして「羽生結弦と藤井聡太

羽生くんは今まさに全盛期なのでしょう。フィギュアの選手は寿命も短いようですので。

藤井くんは羽生さんを上回る天才なのかも知れません。今後もどこまで登って行ってしまうのか、大注目です。羽生さんのように7冠獲ってしまうのだろうか。

絶対挙げ漏れありそうですが、ここ2、30年でも「稀代の天才」は一定数出続けている印象です。

上記の人々は100年、もしかしたら1000年に1人級ですが、それでもジャンル毎にそういった凄まじい人間が次から次に現れ、私達を楽しませてくれます。
藤井くんは間違いなくその一人になるんだろうなあ。

他にもメッシ・クリロナ・ジダン、テニスのフェデラーとナダルや、日本人では錦織圭、ハンマーの室伏、バスケの田臥、野球の大谷などのメンツが十分挙げるに値する人達でしょう。今パッと出て来ないだけで、まだまだ居る筈。

彼ら「規格外」の人達の登場によって、各競技が一層興味深い物となります。そしてそういう人物が断続的に現れてくれる事は歴史が証明してくれています。

3~5年に一回はとんでもないヤツが出てくる。楽しいっすね。

【ネットで凝った肩に】
肩こりに効くツボ 厳選3つ!





大企業発の特大スキャンダル問題となった「三菱自動車の軽自動車燃費データ不正問題」。

昨年大騒ぎになった「フォルックスワーゲンの排ガス不正問題」を若干対岸の火事として見ていた日本人にとって、思いもよらない大騒動になっています。

そして、企業が与える余波は株取引にも特大の影響を与える事になったのです。

端的に言うと、下がると思われた株がまさかの日産の救済によって下がらず反転上昇し、投資家達が阿鼻叫喚の地獄絵図の様相となっているのです。

「反転して上がっているなら投資家は損はしていないんじゃないの?」とお思いの方へ、何故一部投資家達が悲鳴を上げているかも簡単に説明しましょう。

株取引は買って上がるのを待つ、という投資法だけでなく、「空売り」という取引方法があるのです。

これは、「売りから入って下がったら買い戻し、差額を利益とする」という信用取引方法で、分かりやすい例を記すと、

1,000円の株銘柄を下がると見て1000株「売り」から入る。(つまり1000株の保有権利を100万円分で取得した)

予想通り下がって500円になった!(500円×1000株=50万円分の価値になっている)

1000株分の権利は50万で買い戻せる

やったー!50万の利益!!

というのが「空売り」の仕組みなのです。
イメージ頂けたでしょうか?下がっても儲かるのが株なのです。

もう薄々分かると思いますが、多くの人がこのまま破滅に向かうと思われた三菱自動車株が、予想外の日産の救済によって一転上昇。

空売りを仕掛けていた人達がどうなるか・・・。言わずとも分かりますよね。

まさに地獄絵図・・・。ストレス半端ないと心中お察しします。。

どうもこのまま三菱自動車は日産傘下になってしまいそうな情勢ですね。一体どうなる事やら・・・。

【ネットで凝った肩に】
肩こりに効くツボ 厳選3つ!





少し前に何かと話題になった、「ドッジボールは禁止すべき」と提唱した人が出た件。少し遅ればせながら私的意見を。。

多くの人に目に付き大規模な投票結果となる「Yahoo!ニュース 意識調査」のアンケート結果も合わせて紹介。まあ結論から言いますと・・・

「何をズレた事を言っているんだ・・・」

です。

こんにちは。センター長のイシカワです。
SNS発の話題が色々と世を騒がす昨今、掲題の話題が議論を呼びましたね。曰く、

「ドッジボールはボールを投げて人に当てる野蛮なスポーツだから、学校の授業では禁止にすべき」

と言い出した人がいたとか。
それを受けて色々なアンケートが実施されたのですが、一例として「Yahoo!ニュース 意識調査」の結果を。

総投票数 192,559票
(2015年6月4日~2015年6月14日実施)

禁止すべき・・・・・・・15,143票(7.9%)
禁止すべきでない・・・・136,549票(70.9%)
生徒の意思に任せるべき・40,867票(21.2%)

授業でドッジボール、禁止にするべき?[Yahoo!ニュース 意識調査]
[Yahoo!ニュース 意識調査より]

でした。

圧倒的多数が「禁止すべきではない」か「意志尊重」。

禁止すべきは僅か8%弱でした。
当たり前だよ、そんなの。といった結果ですが。

ドッジボールが野蛮って・・・。

じゃあ剣道や柔道などの格闘系スポーツなんかは体育で必修にしている学校もあるでしょうが、なんなんでしょう。

ルールが制定され、そのルールに則り紳士的に対戦するのが対人型・接触型のスポーツでしょう。

そういったフェアプレイを学ぶ場でもあり、自分も攻撃を食らう事で人の痛みが分かるようになる場でもあるのです。

それに、じゃあ何か??

鬼ごっこ→「人を捕まえるなんて物騒だからダメ」

テニス・バレーなど→「相手コートにボールを打ち返すなんて、当たったら大変だからダメ」

縄跳び→「縄を人が回して飛ぶなんて、引っかかったら怪我するからダメ」

フルーツバスケット→「イジメを助長するからダメ」

ドロ警やかくれんぼ→「イジメを助長するからダメ」

駆けっこ・50m走→「転ぶと危ないし人と争うなんて穏やかでないからダメ」

鉄棒→「出来ない人がいるし、落下したり肌を擦って痛めたりするからダメ」

全体集会→「貧血を起こす人がいるからダメ」

挙手制→「解けない人がいるからダメ。手を挙げて関節を痛める可能性があるから絶対ダメ(←これは冗談ですが 苦笑)」

あああ・・・。
こんなん挙げ出したらキリがないような事を言いそうだ。実にアホらしい。
余りにアホらしくなってきて、記事を続けて書いていくのも億劫になってしまいました。

いつか話題になった、

徒競走で順位を付けるなんて不公平だから、手をつないで皆で並んでゴールしましょう!

に通ずる次元の話ですね。

勘違いするな。
学校は、社会は「弱肉強食の世界」なんだよ・・・。
その競争を学ぶ場が学校であって、優秀な人間、努力する人間、才能や運がある人間が勝ち、そうでない人間が人の後ろを歩くのが人間社会なんだ。

それに順応する力を鍛え、学ぶのが「学校」なんだよ。クレージークレーマー達が・・・。

発信した人はどこぞの教育評論家だかコーディネーターだかコラムニストだからしいが(詳細はもう忘れた)、スポーツ、あるいは学校という物全てを否定している発言・解釈にも取れるんだよ。まさに愚考。

【ネットで凝った肩に】
肩こりに効くツボ 厳選3つ!





日本ハム戦の札幌ドームでの野球観戦中、ファウル(ファール)ボールが顔面に直撃して失明してしまった30代の女性が、球団・札幌ドーム、そして札幌市を相手に4650万円もの損害賠償を請求した訴訟について。

3/26に判決が出て、札幌地裁は約4190万円の支払いを命ずる判決を言い渡しました。失明という重症を負った女性に対しては本当に気の毒だとは思いますが・・・。

そんなんで訴訟起こすのなら球場に来るなよ!!

こんにちは。センター長のイシカワです。
このニュース、顛末が気になってはいたんですが、判決が出たようです。少し物申さずにはいられない判決が・・・。

私は部活で野球をやっており、社会人になってからも草野球愛好家としてプレーしているので、野球には人一倍の愛着があるわけです。

そんな人間にとっては、本訴訟は「ハア???」と怒りを覚えるのですよ・・・。

そもそもプロの試合を行う球場は、硬式のボールがプロの打球速度でいかなる所にも飛んでくる危険性を持つ場所であるので、チケットを買い、スタンドに居る時点でそのリスクを了承している物の筈なんです。
遊園地や公園に遊びに行っているわけではないんですよ。

当然年間それなりの数の人がファールボールに当って怪我したりしているそうですが、打球を食らって訴訟を起こすようなら球場に行くなよ・・・、と強く思います。

メジャーでもこの問題は慢性的にあるそうですが、あちらは「ベースボール・ルール」と呼ばれる、予めボールやバットが飛んでくる危険性を承知して下さい、という旨がチケットに記されてるそうです。

つまり怪我をしても自己責任という事で免責されるという法解釈がされるのです。

その為、怪我した人が訴訟を起こしても、球団が負ける事は殆ど無かったとの事。(近年少しその判例が崩れる事もあるそうですが。。)

いや・・・。
そもそも球場行くなよ・・・。
そんなんで訴訟起こすような輩が・・・。


なーんかやるせないですね、この判決。
私にはモンスターペアレンツの不条理な学校への要求と同じ類に見える。ボールの行方見てろよ、球場に観戦しに行くなら。

そしてボールから目を離して怪我したとしても、球団訴えるなよ・・・。公園の回転遊具で遊んで怪我をして、安全管理に問題がある、と市を訴えるのも同じようなモンだよなあ。

胸糞悪い・・・。

【ネットで凝った肩に】
肩こりに効くツボ 厳選3つ!





たまに遭遇して非常に不愉快になるのですが、

階段やエスカレーターでホームに電車が到着しているにも関わらず、悠々としてて急がず、後方の来た電車に乗ろうとしている人をせき止める迷惑行為をする人!

どけっ!頼むからもっと気を遣ってくれ!!空気を読メ!!!

こんにちは。センター長のイシカワです。

先日も同じ状況があったんですがね・・・。
狭い階段やエスカレーターだと、前の人が進んでくれないと
後ろの人達は詰まって進めない訳ですよ。

電車が近づいているのに

(自分は乗れそうだ)

あるいは

(自分は次の電車でいいや)

とゆっくり階段を歩いたり、上がりきった所でチンタラしていたりする人々・・・。

当然後ろの人の中には今来た電車に乗りたい人もいる訳です。
というか、次の電車を待つのも嫌なんで、間に合いそうなら皆乗りたいでしょう。

もちろん駆け込み乗車は危険ですので極力しないですが、乗れそうな電車を前の人が道を塞いでいるが故に逃すと、本っ当に不快です。

何なんですかね、あの人種・・・。
電車が来てるんだから、そもそも急げって話だし、後ろの人達が来た電車に乗ろうとして急いでいるっていう事をどうして考えられないのでしょうか?気遣えないのでしょうか?

恐らく

(自分は次の電車でいいや)

とだけ考え、後方のその電車に乗りたい人の事など
全くお構いなしなんでしょう。

質[タチ]の悪い事に、そういうアホ達は自分が道を塞いで後方の人たちをせき止め、電車に乗れなくさせてしまった、という自覚が全くないように思える。

それだけに腹立たしさも一入[ひとしお]です。
自分の事だけしか考えられない人々よ・・・。

駅・電車というのは公共の施設なのですから、
使う人皆が他の利用客の事を気遣って使用しなければならない物の筈です。

きっとこういう残念な人々は、電車を
「金を払って乗る、自分だけの移動手段」だとしか思っていないのでしょう。

違う。

公共の物を利用するのならマナー・他人を不快にさせない気遣いが必要なんだよ。
腹立たしくもあり、悲しくもあり、嘆かわしくもあり・・・。

【ネットで凝った肩に】
肩こりに効くツボ 厳選3つ!





各駅停車以外が存在しないJR山手線」。常時全ての駅に停車してグルグルと人を運び続けています。

しかし、何とその山手線にも「次の電車は当駅を通過しま~す」となるケースが存在したのです!驚愕の体験をお伝えします。

こんにちは!センター長のイシカワです。

池袋、新宿、渋谷、新橋、品川、東京、上野・・・。

日本屈指の各マンモス駅達を繋ぐ、恐らく日本で一番有名な路線、JR山手線」。

急行や特急などは存在せず、超過密ダイヤで全ての駅から人を乗せ、人を運びます。
ですから、駅で待っていて目の前を通過する山手線など存在する筈はない、と今回の一件までは思い込んでいました。

東京生まれ東京育ちですので、まーどこに行くにも良く使う電車です。3分おきぐらいに次から次へと電車が来るので、特に時刻表なども見ず、そして止まる駅を気にする必要もないので(全て各駅停車だから)、当たり前のように来た電車に乗り込み、目的地へ向かう。

この常識は先日覆されました(苦笑)

ある日山手線の駅で電車を待っていると・・・

「1番線の電車、当駅を通過します。危ないですから白線の内側にお下がりくださーい。」

!!!

そんなバカな!山手線で通過電車!?
一瞬の驚愕の後、すぐ冷静になって(どういう事だろう)と来る電車を観察する。

「ガタンゴトーン、ガタンゴトーン・・・。キキキキー・・・。プシュー。」

・・・。

止まったぞ・・・。

電車の案内ディスプレイ(行き先が表示されているヤツ)を見て、なるほどこういう事か、と納得。

山の手線の試運転

生涯初遭遇。「試運転電車
しかもそれが山手線(笑)

随分レアな体験をした物だと思いました。無駄に運を使った感というか・・・。

試運転の山手線先輩はドアを開ける事なく、次の駅へと向かって行きました。これ、結構アナウンス聞いて「なぬ!?」ってビックリした人も居ただろうなあ。

そんな貴重な体験の報告でした。

【ネットで凝った肩に】
肩こりに効くツボ 厳選3つ!





About us

ロゴ

当センター長、ヘルスアドバイザーのイシカワです。

中学生の頃から頑固な肩こりに悩まされ続ける事20年余り。あらゆる事(湿布・ツボマッサージ・整体・カイロ・ハリ・灸・運動etc)を試した結果、ついに撃退パターンを手にしました!

そのノウハウを皆さんにお伝えしていきます。様々な健康情報もお届け。

LINK

リンク集

↑にて相互リンクも募集。メールフォームよりご連絡下さい。

マッチングPR