続いて二本目の矢、湿布を正しく活用!肩の痛みを取る」です。効能、有効な使い方など「湿布」について詳しく掘り下げてお話します。

色々と使って、とうとう巡りあった「至高の湿布」一品も説明中にて紹介しています!

こちらでは前回の「肩こりに効くツボ 厳選3つ!」をお読み頂いている事を前提として話を進めますので、まだご覧になっていない方はどうぞ。

さて。
では今回のお話、「湿布を正しく活用!肩の痛みを取る」です。
まず冒頭にお伝えしておきたい事。それは・・・

ただ患部に貼って回復を待つのでは無い

という事です。

方法論を紹介する前に、また湿布について少し理解を深めましょう。

「つらーい肩こりには湿布」
皆さんも一度はやった事があるでしょう。

湿布とは、古くは馬肉のスライスが打ち身などに効く湿布として用いられたり、生薬を布に塗布して肌に貼る、などがルーツとなって生まれた物です。(「へェー」でしょ?)

現代における湿布は、

冷湿布(主に炎症・痛み止め)
温湿布(血行の改善を目的とした物)

・・・に大別されますが、規制緩和と医療メーカーの努力によって、最近では市販でも「イブプロフェン」や「インドメタシン」などの強力な消炎鎮痛剤を配合した冷湿布が主流となっています。

湿布いろいろ

市販・病院で出される物等、たくさんあります。TVCMも多いですね。
「経皮吸収型~~」と謳っている物は、体内に鎮静成分が吸収されるタイプなので用法には注意が必要です。

さて。

前項でお話した通り、当センターでは「血行を改善しよう。」が肩こり解消への光明となっています。そうすると・・・

(じゃあ、温湿布なのか!?)

とお思いかもしれませんが、
いいえ、強力な消炎鎮痛剤を活用します!

理由はこうです。

湿布は純粋に「痛み止め・違和感の緩和」のみの用途で使い、
 他の対処との相乗効果で対処する為

これが、当センターが提供する情報のキモです。

湿布には消炎作用や血行促進効果があります。
そして最近の湿布には強力な鎮痛効果が加わっています。

肩こりでツラい箇所は、四六時中気になりどうしてもそこばかりケアしてしまいます。場合によっては痛み・不快感に耐えられず、執拗に揉みしだいてしまったり。

それでは老廃物の流れの改善血行の正常化が期待出来ないのです。(もちろん刺激・処置の仕方が適切であれば話は別ですが。)

解消はおろか、患部にダメージを与えてしまい、更に負のスパイラルに陥ってしまう可能性が・・・。

揉みすぎ

少しもったいぶりましたが、では湿布をどう使うか?
患部を必要以上に刺激しない為」だと考えて使って下さい。

強力な鎮痛効果のある湿布は、貼っている間、そして剥がしてからしばらくも肩こりの不快感を大きく忘れさせてくれます。
それこそ(治った?)と錯覚する程に。

その状態で前述の当センターイチオシ「特効のツボ3点」と、後述する「ストレッチ」を合わせて行うのです。

意識するのは常に「老廃物の流れの改善と血行の正常化」
押すと気持ちいい!は泣く泣く捨てて下さい。

上記を目的とすると、確かに「温湿布」でも良いように思えます。
が。。。患部を必要以上に刺激しない、という観点ですと、鎮痛効果の点で問題があります。
強力な冷感湿布の威力を一度味わってしまうと、温湿布ではきっと物足りなさを感じてしまうのではないでしょうか?

さて、では「どの湿布がいいの?」という声も強いと思いますので、ワタシが様々な湿布を使い、最後に辿り着いた「至高の湿布」一品を紹介します。

サロンパスA

ご存知「サロンパスA」。

一応言っておきますが、ワタシは久光製薬の回し者でも何でもありませんからね!何だかんだで超老舗の超メジャー商品に行き着きました。(^^;)

決め手は「高い鎮痛効果」「スースー感」と「粘着力」、そして「かぶれないし赤くならない(コレはあくまでワタシは、ですが)」です。寝てる間も剥がれない粘着力が嬉しい。
貼り始めはちょっとヒリヒリするかもしれませんが、それを耐えるとかなりラクになるのが実感できます。

ただ、無臭湿布ではないので、日中も貼り続けるかは自己責任でお願いします。。前日の夜に貼ると翌日はだいぶ匂いが薄れますが、「湿布貼ってます!」はすぐ周囲に分かる事でしょう。

上位互換の「サロンパス・ハイ」という無臭を謳った物があるようですが、こちらは使った事がないです。。。どうなのでしょう?少し高いですし・・・。

これをワタシは主に風呂上りに貼って、貼ったまま寝て翌朝剥がしてました。そして平行して他の2本の矢であるツボマッサージとストレッチをやっていたのです。

何度も言いますが、湿布だけで治そうとせず、痛み・違和感の除去目的として使って下さい。そして「他の2本の矢」で改善を試みる。

1日、2日では効果を体感できないでしょうが、まずは1週間。

(アレ、少し良くなった?)

と感じる事ができたら光が見えてくる筈!!
大丈夫です。当センターがあなたの肩こりを良くしてみせます!

また、こちら↓は「血行障害を改善」し、肩こりや首すじの痛み・しびれや冷えなどを改善してくれるという一品。肩のダメージ回復にも効果が期待できます。

トコフェロンEナチュール

植物油から抽出し、そのままの形で安定させた「アルファ型天然ビタミンE」、自律神経安定させる作用がある「ガンマーオリザノール」を配合で、体のすみずみに酸素と栄養素を供給するとの事。

血行障害の原因となる活性酸素を強力に除去してサラサラにしてくれるそうです。いいですね、効きそう。

今までとアプローチを少し変えれば、きっと好転させる事ができるでしょう。続きはこちら、ラスト三本目の矢・・・

ストレッチもしよう ~15秒で出来る!~」です。







コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

About us

ロゴ

当センター長、ヘルスアドバイザーのイシカワです。

中学生の頃から頑固な肩こりに悩まされ続ける事20年余り。あらゆる事(湿布・ツボマッサージ・整体・カイロ・ハリ・灸・運動etc)を試した結果、ついに撃退パターンを手にしました!

そのノウハウを皆さんにお伝えしていきます。様々な健康情報もお届け。

LINK

リンク集

↑にて相互リンクも募集。メールフォームよりご連絡下さい。

マッチングPR