さあ、ラスト三本目の矢ストレッチもしよう」です。
前のコンテンツをご覧になっていない方はよりどうぞ。

秘伝・肩こり解消3本の矢」=「厳選3つのツボ」、「湿布活用」、そしてこの「センター直伝のストレッチ」で貴方の肩こりを解消に導きます!

何とそれは、僅か15秒程度で出来る「たった1つのストレッチ」なのです!!

・・・ですがその前に。。
いつものようにストレッチについて少し理解を深めましょう。

・スポーツや医療の分野においてストレッチ(英: stretching)とは、 体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすことをいう。筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げるほか、いろいろなメリットをもたらす。(Wilipedia先生より)

とあります。
このいろいろなメリットとして・・・

1.筋肉ならびに結合組織の柔軟性の改善
2.筋肉の緊張緩和
3.血流改善
4.神経機能の向上
5.筋萎縮の抑制

などがあり、「対肩こりストレッチ」では、特に2・3・5の効能を狙う物になります。

しかし、近頃ではマッサージ屋に並び「ストレッチ屋さん」なるものまで登場し、ユーザーの好評を得ているようですが、なかなか自分でやるストレッチという物は習慣付ける事が大変な物

マットを敷いてやるような本格的なストレッチや、DVDを観ながらやる物、ベットの上で出来るような簡易ストレッチなど色々ありますが、どれも(さ!やるか!)と少し気合を入れないと取っ付けないのではないでしょうか?

ワタシも整体やマッサージに行った時、よく「これは効きますのでやって下さいね」というストレッチを教えて貰いますが、如何せん、続かない・・・。
せいぜいやって3、4日です。どうにも続かない・・・。。

必要だったのは、「高頻度」で出来て、「やるのが億劫でなく」、且つ「短時間」で済む物。それでいて「効果が高い物」。
  

 あったんです、1つだけ!!
 
 
椅子に座りながらでも出来て、極短時間で済みます。
TV見ながらとか、PCの合間、というシーンでも出来ます。

さあ、肩こり解消3本目の矢。コレです!

ストレッチ図解
気軽に出来て気持ち良い事を表現する為に、
若干締まらない顔とヨダレ的な物が見て取れます。(笑)

鎖骨の上辺りに指先を置き、少し大きめに回す意識でグルグル肩を回します。

前(後)から後(前)に回したら、今度は逆回転。

これだけ!1方向6、7回転もさせれば十分です。
両方向で15秒程度で出来るかと思います。

試しにこの型を取らないで肩を回してみて下さい。
その後でこの型をやってみると、より大きな稼動域で回せる事が分かる筈です。
肩甲骨辺りがグーーっと伸びるかと思います。

これならば続けられる気がしませんか!?

疲れを感じたと思った時1回と、風呂上りに1回やるだけでも絶対効きます。負担でなければ、もう少し頻度を上げてやれるといいでしょう。
 

さあ、「肩こりに効くツボ」、「湿布活用」、そしてこの「たった1つのストレッチ」の3本の矢。貴方に授けます。

あとはTOPページにある通り、まずは三日坊主で良いのでやってみて下さい。ちょっとでも続けると、きっと(おお!?)と効果を感じられるでしょう。そのままもう少しの間続けてみて下さい!

【関連記事】 頭痛発生のメカニズム&対処
酷い肩こりによる頭痛の対処法

肩こり・首こりによる吐き気・不快感を解消
肩こり・めまい・ストレスなどによる吐き気を解消しよう







コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

About us

ロゴ

当センター長、ヘルスアドバイザーのイシカワです。

中学生の頃から頑固な肩こりに悩まされ続ける事20年余り。あらゆる事(湿布・ツボマッサージ・整体・カイロ・ハリ・灸・運動etc)を試した結果、ついに撃退パターンを手にしました!

そのノウハウを皆さんにお伝えしていきます。様々な健康情報もお届け。

LINK

リンク集

↑にて相互リンクも募集。メールフォームよりご連絡下さい。

マッチングPR