頭痛に悩む方、やはり数多くいるようですね。かく言う私も、以前は偏頭痛持ちでどこへ行くにもロキソニンが欠かせませんでした。。「肩こり」と「頭痛」との間にも大きな関連性があるのです。各種対処法も紹介していきます!

こんにちは。センター長のイシカワです!

肩こりと頭痛のダブルパンチに見舞われて苦しんでいる方も多いご様子ですので、今回は「肩こりと頭痛」についてです。

まず、頭痛が発生する大きな要因としては・・・

・脳への酸素不足
・血流の悪化によるうっ血

が挙げられます。
脳の活動には大量の血液を必要とする為、人間の首には4本の太い動脈が通っています。人間に限らず、生き物全般における最大の急所となっている部位です。

肩や首の過度の緊張・血流悪化→いわゆる「肩こり状態」となると、上記の大事な首の動脈が圧迫され血流悪化状態となり、頭部(主には脳自体)への血液の供給不足に陥ります。

この状態へのシグナルとして体が( ヤバいよ、ヤバいよ・・・ )と発するのが「頭痛」なのです。

頭痛のレッドシグナル

眼精疲労も過度の筋肉緊張状態を生み、首・肩の血流を悪化させます。同時に頭部・脳の血流をも悪化状態にしてしまうので、頭・肩両方にとって大敵です。

もちろんこれだけが頭痛の発生するメカニズムとなるわけではないですが、頭痛発生の大まかな流れは以上の影響が作用していると思われます。

原因が分かれば対処のイメージが湧く筈!
やはりここでもテーマは「血流の正常化」になってきます。

肩こり・頭痛・首こりの緊急対処として、強力なツボがあります。

百会と天柱のツボ

百会天柱。2つとも肩こり・頭痛・血管機能の正常化・疲労除去等、様々な症状に良く効きます。詳しい効能と刺激の仕方は「肩こりに効くツボ 厳選3つ」よりどうぞ。

また、眼精疲労には定期的(1、2時間に1回)な休憩や、目薬の使用、眼の働きを助けるサプリなども効果的です。

直ぐにラクになりたい!という方へは、目の周囲を「濡れタオル」で温めたり冷やしたりしてリフレッシュする「温冷リフレッシュ」も即効性が高くオススメです。血行が良くなり、目の疲れをやわらげます。

1.ハンドタオルを2つ用意し、水で濡らして絞る。
2.1つは電子レンジで40秒~1分加熱
3.温かいタオル→水で絞った冷たいタオル→と交互に当てる

以上を3~5回ぐらい繰り返す。
温タオルを目の周囲に当てるのは非常に気持ち良いです。お試しあれ。

頭痛に特化したサプリもありました。コチラ↓は、「植物由来のハーブサプリメント」。重い頭痛や、突然ガンガンやってくる頭痛が起きない体に改善できるそうです。

ずきしらずの実

体のリズムを整える「夏白菊」、アイヌ民族が使っていた自然界の和漢「大痛取」を配合で、頭痛を体質から変えて軽減するとの事。サプリとしてはかなり安価なので、試してみる価値はあります。

それともう1つ。
頭痛の緩和に即効性があるのは「入浴」です。お風呂は1日1回まで、というルールがあるわけではありません。(家庭環境によってはあるでしょうが、、)ゆっくり湯船に使ってこめかみや首筋を揉みほぐすのは非常に効果的です。お試しあれ。

さて。
すべての要素はやはり「血流」に繋がっているように思えます。
あらゆる体の不調の原因は「血流」がカギを握っている、という事が、当サイトで情報提供の為色々調べている内に明らかになってきました。

また引き続き情報提供を続けて行きますので、今後もどうぞお役立て下さい!

【関連記事】(なかなか良くならずお悩みの方へ
肩こり・めまい・ストレスなどによる吐き気を解消しよう









トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック


コメント残させていただきます。

頭痛の治し方にも色々あるんですね。


私も頭痛のブログを書いてますので
とても勉強になりました。

また、訪問させていただきますね(^-^)


かみんさん

コメントありがとうございました。
お互い有益な情報を発信して行きましょう!

Comment feed

コメントする

About us

ロゴ

当センター長、ヘルスアドバイザーのイシカワです。

中学生の頃から頑固な肩こりに悩まされ続ける事20年余り。あらゆる事(湿布・ツボマッサージ・整体・カイロ・ハリ・灸・運動etc)を試した結果、ついに撃退パターンを手にしました!

そのノウハウを皆さんにお伝えしていきます。様々な健康情報もお届け。

LINK

リンク集

↑にて相互リンクも募集。メールフォームよりご連絡下さい。

マッチングPR